div id="flashmov">
TOP>>>キャリア・コンサルティング系セミナー

◆プロセス・コンサルタント(PCt)認定資格 {シャイン教授認定ライセンス} の取得について
 

「プロセス・コンサルテーション」の提唱者である、MIT名誉教授、エドガー・H・シャイン博士によって認定・オーソライズされた資格である『プロセス・コンサルタント(PCt)認定資格』の取得について、以下にご説明致します。


【プロセス・コンサルタント(PCt)認定資格の概要】
◆本ライセンスは、「プロセス・コンサルテーション」の提唱者である、MIT名誉教授、エドガー・H・シャインによって認定・オーソライズされる資格である。
◆“個人への支援・介入”(ヘルピング、個人カウンセリング)だけでなく、Tグループ等も含んでの“グループへの支援・介入”(グループカウンセリング、キャリア&コーポレイトダイナミクス)、さらに“組織への支援・介入”(OD:組織開発、企業文化と組織セラピー)の各分野をトータルに担える人材を『プロセス・コンサルタント(PCt)』とする。
◆『プロセス・コンサルタント(PCt)』は、「プロセス・コンサルテーション」の理論体系を十全に把握し、さらに実践的な支援・介入スキルを駆使できる人材である。
◆本ライセンスを得るためには、原則日本国内で実施される、「認証プログラム・レベルⅠ」を受講し、修了試験に合格。その後、原則米国で開催される「認証プログラム・レベルⅡ」を受講し、シャイン教授から認められることによって、その取得権利を得ることが可能となる。

【認定資格を取得することのメリット】
1)「エドガーH.シャイン教授認定プロセス・コンサルタント」や「プロセス・コンサルテーション認定資格取得」といった表現を、キャリアシート(職務経歴書)をはじめ、名刺やメール署名等へも記載でき、広く周知・PRに用いることができる。
2)米国で、撮影したシャイン博士とのツーショット写真を、ホームページ上で公開したり、自身の各種PR活動に用いることができる。
3)日本で2018年4月から開催される、仮称「A-PGO研究会」での研究発表あるいは事例発表の機会・権利が得られる。→その内容は、原則として書籍化が想定されており、書籍出版の機会が得られることにつながる。
4)レベルⅡで、シャイン教授の認証を得る事で、レベルⅠの講師になっていける資格を得られる。
5)「プロセス・コンサルタント」として、「プロセス・コンサルティング」を冠したセミナー等を自身で開催することができるようになる。  (但し、上記4及び5については、2018年以降、別途開催される「講師養成アドバンスコース」の受講修了が必要)

【認証プログラム・「レベルⅠ」について】
●認証プログラム・レベルⅠの位置づけ
・「プロセス・コンサルテーション」の概念や理論的背景、具体的な技法の内容等を理解し、さらに、個人、グループ、および組織に対して支援・介入ができるスキルを習得する事で、レベルⅠの修了者とみなす。
●認証プログラム・レベルⅠの受講資格
・国家資格キャリアコンサルタントの取得者、あるいはそれと同等の技量を有する者。
●認証プログラム・レベルⅠの修了要件
・原則、日本国内で開催される、プロセス・コンサルティングに関する「静学」1~3、「動学」1~2、「応用」1~2の各科目を受講し、その内容に関しての理解度・習得度を測定するための認証試験(学科試験)に合格すること、さらに、個人、グループ及び組織に対する支援・介入に関しての実践的なスキルを体験・習得するプログラムを受講し、その技量に関して一定レベル以上であると認められる認証試験(実技試験)に合格することで修了と認められる。
    →2017年度の「レベルⅠ」プログラム(スケジュール)詳細は、こちらをご覧ください。
●認証プログラム・レベルⅠの受講費用
125,000円(消費税別)   →早期申込割引があります
(内訳)
・各プログラムの受講費用
・認証試験の受験費用。 (但し、1回目の受験が不合格の場合、2回目以降は別途1回の受験料1万円が必要。)

【認証プログラム・「レベルⅡ」について】
●認証プログラム・レベルⅡの位置づけ
・日本で実施された認証プログラム・レベルⅠの修了者に対して、シャイン教授が、じきじきに「プロセス・コンサルタント」としてのお墨付きを与える、最終認証プログラム。
・修了したことが、シャイン教授に認められれば、教授の直筆サイン入りの認定証書が授与されると同時に、記念のツーショット写真も撮影され、認証取得者自身にとっての、成長の証しとなる。
●認証プログラム・レベルⅡの受講資格
・日本において、所定の課程を受講し、レベルⅠの認証試験(学科及び実技)に合格していること。
●認証プログラム・レベルⅡの受講費用 25万円(消費税別)
(内訳)  
・米国(サンフランシスコ等)での4日間セミナー参加費用  
・プロセス・コンサルタント(PCt)認証料  
・同手数料(シャイン教授サイン入り認定証書作成費)  
・シャイン教授との2ショット写真撮影代  
・セミナー開催中の昼食弁当費用(4日間分)  
※渡航費、現地交通費、現地宿泊代、食事代等は含まれません。
   →2017年度の「レベルⅡ」プログラム(スケジュール)詳細は、こちらをご覧ください。


本プログラムへのお問合せ、「特典」付き資料のお取り寄せについては、<こちらのフォーム>よりお受けしております。

[拡大]
プログラムで使用するテキストです。これらは、すべて今回のレベルⅠの講師を務める尾川丈一博士(シャイン教授の愛弟子)が翻訳を行ったものです。国内で実施されるレベルⅠプログラムは、尾川先生が講師・ファシリテーターを務め、アメリカ型の授業形式(アクション・ラーニング的学びの場の提供)で行われます。授業に上記書籍が必要となるわけではありません。参考図書ではありますが、ご購入は任意となります。

[拡大]
尾川丈一先生(右端)は、エドガー・H・シャイン教授(MIT名誉教授/写真中)の愛弟子と言えます。組織学会の重鎮でもあられた稲葉元吉博士(横浜国立大学名誉教授)の紹介で、シャイン博士を指導教授と仰いでから約20年、シャイン教授の著作をもっとも多く日本語訳しているのが尾川先生です。今回の認証プログラムは、尾川先生がシャイン教授との契約の元に行うもので、レベルⅠの講座につきましては、尾川先生(アメリカ在住)自らが担当し、日本にお帰りになるタイミングで行われます。(写真の左端は、シャイン教授のご子息のピーター・シャイン氏です。)

 

「プロセス・コンサルタント(PCt)」認証取得のための 日程等の詳細ページへ
「Q&A」のページ

本プログラムへのお問合せ、「特典」付き資料のお取り寄せについては、<こちらのフォーム>よりお受けしております。


ホームページトップ(志木サテライトオフィス)へ


MENU

LINK